ロッテは1―5の六回2死無走者から6長短打と打線がつながり、ナバーロの逆転の2点適時打などで6点を奪った。石川が5回5失点と苦しみながらも8勝目を挙げた。西武は先発の高橋光が好投していたが六回に崩れ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ