ソフトバンクが4カード連続の勝ち越し。五回に押し出し四球で先制点を挙げ、城所が満塁本塁打。終盤にも着実に加点した。武田が7回2失点で両リーグトップに並ぶ8勝目。阪神は岩貞が踏ん張れず、今季ワーストの...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ