西武が逆転で4カード連続勝ち越しとし、勝率を5割に戻した。1―2の七回1死二塁から三ゴロを処理した亀沢の悪送球で追い付き、2死後に浅村が適時打を放った。その後は牧田、増田とつないだ。中日は守備のミス...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ