中日の吉見が走者を背負いながらも粘り、5回1失点で今季初勝利を挙げた。打線は0―1の四回に大島のソロと堂上の適時打で逆転。六回には失策も絡んで3点を加えた。巨人は12安打で、わずか1点と拙攻だった。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ