DeNAが接戦を制した。1―1の八回にロペスの2試合連発となる11号3ランで勝ち越した。今永は7回1失点と好投し3連勝で3勝目。山崎康は10セーブ目。ヤクルトは山中が八回途中2失点の力投だったが、継...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ