広島が今季初のサヨナラ勝ちで接戦を制した。6―6で迎えた延長十回、2四球などで1死一、二塁とし、天谷が左越えに殊勲打を放った。七回に追い付き、今村ら中継ぎ陣が勝機を引き寄せた。ヤクルトは小川が踏ん張...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ