楽天は0―0の八回1死満塁で松井稼の右前打で先制し、続く銀次の3点三塁打で突き放した。2番手のミコライオが2勝目を挙げ、松井裕が最後を締めた。西武は菊池が好投しながらも八回に四球でピンチを招き踏ん張...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ