ヤクルトが2点を追う八回に逆転した。無死満塁で代打今浪が同点の2点二塁打。山田、バレンティンも適時打を放ち、打者一巡で計5点を奪った。石川が8回2失点でリーグトップタイの4勝目。広島は守りのミスで流...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ