中日は四回、ビシエドの適時打で先制。1―2の七回に桂の1号2ランで逆転した。ネイラーは丁寧な投球で、七回途中まで2失点でしのぎ今季初勝利。福谷が3セーブ目。ヤクルトの新人原樹は7回3失点でプロ初黒星...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ