DeNAが今季初のサヨナラ勝ち。0―1の九回に筒香の2戦連発となるソロで追い付くと、2死一、二塁から代打の下園が決勝打。阪神は打線が1点止まりで、最後は完封を狙った能見が打たれ、代わった歳内も踏ん張...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ