広島は新人の横山が八回途中まで3失点と安定した投球で、プロ初勝利を挙げた。打線は二回に天谷の適時二塁打などで3点を先制。その後も得点を積み重ね、突き放した。中日は浜田達が五回途中を7失点と崩れた。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ