阪神は同点の六回、ヘイグが勝負強く右前へ適時打を放って連勝した。三回にソロ本塁打の福留をはじめ、打線が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)