中日が4年ぶりの開幕戦白星。大野は要所での制球が光り、八回途中まで2失点にまとめた。ビシエドが六回に勝ち越しの適時内野安打を放ち、八回には来日1号ソロ。阪神はメッセンジャーが安定感を欠き、バックの守...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ