巨人は三塁の定位置を狙う岡本が五回に適時二塁打を放ちアピールした。高木勇は6回1失点。西武はエース岸が100球以上を投げ込み、7回3失点と順調な仕上がりを見せた。開幕先発が濃厚な外崎は本塁打と二塁打...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ