阪神の藤川が4回を投げ、1失点にまとめた。立ち上がりは不安定だったが最少失点で切り抜け、その後は修正した。直球に球威があった。巨人の内海は四回に制球が甘くなって集中打を浴び、課題を残した。長野が好調...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ