中日は4番候補のビシエドが一回に先制打を放った。先発枠を争う浜田達は、8四死球と制球に苦しみながらも5回1失点。新人の佐藤は1回無失点と安定していた。広島は先発枠が決定的な野村が、二回以降に立ち直り...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ