西武のドラフト1位新人の多和田(富士大)が25日、西武第二球場でことし初めてブルペン入りし、捕手が立った状態で約20球を投じた。右肩を痛めた昨年5月以来、ブルペンで捕手に対して投げていなかったようで...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ