投打がかみ合った日本が快勝した。先発の大谷は6回2安打無失点で10奪三振と力投。打線は二回に平田の二塁打と坂本の犠飛で2点。その後も坂本のソロなど毎回の12安打を放った。韓国は五回無死一、二塁で3者...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ