ソフトバンクが逃げ切った。一回に李大浩の適時打で先制。三回に李大浩の3点二塁打と細川の二塁打で4点を加え、六回に細川がソロを放った。摂津は六回途中4失点で降板したが、七、八回を千賀が抑え、九回はサ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)