ことしが2年契約の最終年だった阪神の呉昇桓が23日、韓国への帰国を前に関西空港で取材に応じ、来季の去就について「決まったことは何もない。(交渉は)代理人がやってくれる」と明言を避けた。阪神は残留を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)