ヤクルトが序盤のリードを守り逃げ切った。一回に山田の適時打などで2点を先行し、二回には比屋根の適時打で加点。杉浦が5回2失点で粘り、救援陣も相次ぐピンチをしのいだ。

 巨人は失策などの...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)