ソフトバンクは三回2死二塁から内川の3戦連続の適時打で先制し、李大浩が2戦連発の2ランで続いた。中田は球の切れが抜群で、七回途中まで1失点の力投。七回無死一、二塁のピンチは代わった千賀がわずか3球...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)