巨人は一回に先頭の立岡が三塁打を放ち、阿部の犠飛で先制した。六回も先頭立岡の安打から好機をつくり、阿部の適時打と暴投で2点を加えた。ポレダは四回まで走者を許さず、七回途中まで1失点の好投。継投も決ま...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ