阪神が菅野の立ち上がりを捉え、連続本塁打で主導権を握った。一回にゴメスが2ランを放ち、マートンもソロで続いて3点を先行。四回に失策で加点した。メッセンジャーが粘り強く7回を2失点でまとめ、細かい継...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)