巨人が同点の延長十回、3四球で1死満塁とし、代打の高橋由が押し出し四球を選んでサヨナラ勝ちした。マイコラスが七回に追い付かれたが、八回を山口が、九回と十回を沢村が抑え、リードを許さなかった。

...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)