楽天は9日、仙台市内の球団事務所でスカウト会議を開き、今夏の甲子園大会で準優勝した宮城・仙台育英高の内野手、平沢をドラフト1位で指名する方針を決めた。星野球団副会長が「平沢でいく」と明らかにした。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ