セ・リーグの全日程が7日に終了して個人タイトルが確定し、山田(ヤクルト)が38本塁打、34盗塁で史上初めて本塁打王と盗塁王を同時に獲得した。

 山田は出塁率4割1分6厘で最高出塁率にも...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)