ヤクルトの山田哲人内野手(23)が4日、同一シーズンで打率3割、30本塁打、30盗塁をマークするトリプルスリーを達成した。プロ野球では過去8人が達成しており、西武時代の松井稼頭央(楽天)が2002...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)