広島の黒田は九回途中で降板したが、安定した投球で11勝目を挙げた。四回に松山の2ランと石原の2点打で4点を先制し、六回に田中の2ランで加点した。阪神は藤浪、能見が打たれ、打線も振るわず零敗。借金1...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)