巨人が着々と加点し逃げ切った。1―0の三回に片岡の二塁打などで3点を追加。五回に寺内、六回にはアンダーソンが適時打を放った。2番手の高木京が2年ぶりの勝利。宮国がプロ初セーブを挙げた。DeNAは最...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)