ヤクルトがサヨナラ勝ち。1―1の延長十一回2死一、三塁から雄平が右翼線安打して勝負を決めた。十回から抑えたロマンが5勝目。阪神は八回に代打関本の適時打で追い付き粘ったが、十回から投入した能見が踏ん...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)