広島の前田が8回1失点でリーグ単独トップの14勝目。六~八回は一人の走者も許さず、九回は中崎が締めた。0―1の五回に新井、エルドレッドの連続適時打で逆転し、連敗を4で止めた。阪神は打線が振るわなか...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)