日本プロ野球選手会は25日、がんのため20日に58歳で死去した松原徹事務局長をしのび、26日に行われる全6試合で選手、審判員らが喪章を着けると発表した。試合前に黙とうも行われる。

...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)