先行して逃げ切った中日が最下位を脱出した。二回、谷繁の先制打に続き、バルデスの適時二塁打と連続押し出し四球で4点を先取。小刻みな継投で反撃をしのいだ。逸機が目立った阪神は連敗が4に伸び、勝率が5割と...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ