ヤクルトは3連勝で今季の広島戦の勝ち越しを決めた。一回に畠山の適時二塁打で先制し、三回にも畠山が2ランを放った。館山が7回2安打無失点で6勝目。広島は黒田が5回3失点と粘れず、打線も14度目の零敗...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)