ヤクルトは投打がかみ合い2連勝。一回に畠山の遊ゴロと暴投で2点を先制。三回にも1点を奪うと、四回は川端の適時打でリードを広げた。6回1失点の石川は自身5連勝で12勝目。広島は戸田が4回4失点と安定...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)