ヤクルトが快勝した。1―3の三回にバレンティンの適時打で1点差とし、雄平の3ランで逆転。5―4の七回にはバレンティンの適時二塁打などで2点、八回は畠山が3ラン。継投も決まった。巨人は大竹が序盤でつ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)