オリックスは一回にT―岡田、小谷野の連続適時二塁打で3点を先行。三回に1点を加え、五回は山崎勝の2点適時打、六回は小谷野の2点二塁打で着実に突き放した。西が7回1失点で8勝目。楽天は菊池が崩れ、3連...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ