ソフトバンクは一回に内川の適時打で先制。四回は松田、長谷川の連続本塁打で2点、六回にも2点を加えた。武田は7回1失点で12勝目。八回に森が2点を許したが、五十嵐、サファテとつないで逃げ切った。西武...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)