日本野球機構(NPB)は14日、12日の阪神―広島20回戦(甲子園)でビデオ判定の結果、三塁打と判定された打球は本塁打の誤りだったと発表した。試合は2―2の引き分けで成立しており、記録の訂正は行わ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)