ヤクルトが引き分けに持ち込んで単独首位に立った。0―2の七回に代打ユウイチが適時打を放ち、八回に畠山のソロで追い付いた。救援6投手が無失点と踏ん張った。中日は八回1死満塁で中軸が連続三振に倒れた攻...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)