日本野球機構の敷田直人審判員(43)が12日の中日―ヤクルト23回戦(ナゴヤドーム)で三塁塁審を務め、通算千試合出場を記録した。現役審判員では25人目の達成。

...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)