阪神が引き分け、同率で首位に並んだ。1―2の五回に大和の適時打で同点。その後は投手陣が得点を許さなかった。広島はエルドレッドが15号ソロなどで2打点を挙げたが守りきれず、十二回の好機も生かせなかっ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)