広島が九回に2点差を追い付き引き分けた。シアーホルツと小窪が連続適時打を放ち、代打策が的中した。中日は抑えの田島が誤算だった。延長十一回の無死一、三塁も生かせず、今シーズンの勝ち越しがなくなった。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)