左太ももを痛めて離脱したヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手が7日、米国でのリハビリを終えて成田空港から再来日した。今季出場わずか1試合の主砲は「良い状態で帰ってこられた。優勝争いしている...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)