中日は七回1死満塁とし、代打の森野と藤井の適時打で2点を奪取。八回は平田の3ランで突き放した。若松が7回無失点の好投で援護を誘った。阪神は連勝が3でストップ。一回の1死満塁を生かせなかったのが最後...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)