広島が投手戦を制した。0―0の九回1死一、三塁で松山の一ゴロで均衡を破り、丸の2点左前打などで計4点を挙げた。黒田は7回無失点と好投し、大瀬良が3勝目。ヤクルトはバーネットが今季初黒星を喫し、連勝...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)