阪神は三回にマートン、ゴメス、上本の適時打や鶴岡の犠飛などで一挙7点を先制し、主導権を握った。能見は七回途中まで2失点で2年ぶりの2桁勝利。中日は浜田達が三回に押し出しを含む4四球を与えて自滅した...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)