ヤクルトが4連勝。一回に山田の適時打とミレッジの1号2ランで3点を先制し、八回は失策で1点。石川は5回1失点で9勝目を挙げ、六回以降は5投手で逃げ切った。広島はジョンソンの立ち上がりの失点が痛かっ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)