広島の前田がリーグトップに並ぶ11勝目。要所を締め、7回を犠飛による1失点にまとめた。四回に新井の本盗で追い付き、五回に菊池の適時二塁打とエルドレッドの3ランで計4点を勝ち越した。阪神は岩田が中盤...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)